なぜ塗装が必要?

Fotolia_54834321_S

塗装してあるのになぜ塗り替えが必要?
と思いますが、それは住まい自体の耐用年数と塗装の耐用年数が違うからです。一般的に耐久年数は、30年と言われていますが、住まいによってそれ以上です。しかし、外壁用塗料の耐用年数は7~8年、新に開発されている塗料でも12~15年程度です。つまり、一生の間で耐用年数を考えると何回かは塗装が必要となってきます。

塗装の役割とは

Fotolia_112076009_Subscription_Monthly_M-960x720

住まいの外観は雨や風、紫外線などに毎日さらされています。外壁部分は家の部分の中で最も過酷な環境ですので、塗装することにより丈夫な皮膜を作り、大切な住まいを長持ちさせてくれます。

大切なのは下地

Fotolia_89845090_Subscription_Monthly_M-960x639

塗料には彩色や模様など優れた素材と共に風合いやデザイン、仕上がり感でまた変わった表情をみせてくれます。

防カビ・防藻・汚れ防止・癒し効果・遮熱と断熱効果などいろいろな機能を果たしています。

アート・ライティングの下地強化

Fotolia_104718658_Subscription_Monthly_M-960x635

アート・ライティングでは、通常1度しか行なわない下地塗装を2度にわたって行なっています。少しでもお住まいを長持ちして欲しいと言うアート・ライティングの気持ちです。